FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちの良い方に、私らしくさ\(^o^)/


この間、なんとなく幼馴染と話がしたくて急きょ電話。

もう十年くらいあってないはずなのに、時間とか関係なしになんでも話ができる。

北海道人バリバリにだせて、
熱い気持ちもらったで~!


南魚沼にはいないタイプがあたりまえだけれど、一歩離れるとゴロゴロいるんだなぁ~ってきづかされる。

自ら進んで行動していく!

行動の原点は地元にあったんだなぁ~。


何をしてるか周りには理解されなくても、自分がやってみたい!

ここにいきたい!
これだ!
そうおもったことが自分が本当にしたいことなんじゃないかな?って、

確かに組みたてることも、考えてから行動すること、足並み揃えることも大事なんだけれど、

自分のタイミングで、閃きという直感で出会ったかたがたと、今までとはまた違う方法や表現で、
当たり前という枠をはずしていきたい。

同じことを継続して周りに示す方のほうが多いし、その方が、みんなの信頼があるのもわかる。

でも、同じことがわたしにはできないから、
毎回何かをしている、動き続けて変えて行く、出会った方々をつなげたりしながらその人たちが仲間や、つながりを増やしドンドン動く人が増えていく!

ムーブメント役

つくりあげるというよりは
想像し、タイミングよく出会った方たちと行動しその必然タイムを共有していく。

そんなことがピンとくる。


アロマは
きらびやかな世界でもないし、
見せつけたり、特別なこととをしているわけでもない。


アロマは
昔、ばばちゃんが薬草として
膝を痛めたときにつくってくれた
自然療法で、当たり前で身近なもの
と言った感じ(^ω^)

みんなにも、ばばちゃんから伝わるアロマ的におもって欲しい。

イメージが変わりますよね(笑)


話はかわってしまうのですが、
みなさんは、どんな親を目指していますか?


「みんなちがってみんないい」
by金子みすず


私はずっと、自分では無意識に自分の母親になろうとして、
全く違うモデルに、
もがきながら子育てしていたときがあるんです。
しかも、10年前は年子の子を育てているだけで人から褒められたり、
どこか特別な優越感が少なからず当時はありましたね。

大人になって褒められるって機会があまりなくなったからだとおもいます。
働いているわけでもなく、子育てで子供に付き合っているとあっという間に時間がすぎて、気づいたらご飯つくりの時間。
家事は簡単にしかできないし、働いていたときは、じぶんの価値みたいなものがあったのがうすれていくわけなんですよ。
今おもうと、子育てって仕事や人間関係、自分の存在価値とか全てをモーラしている半端なくすごい事だと思うんですよ。
ある意味お母さんは社長だと思う(笑)

こどもさんは社長(母)を育てるお客様だったり、部下だったり。

子供によって、ママ友ができたりある意味商談だったり、付き合いですよね(笑)

で、お母さんが倒れたら会社である家はバッタバタで回らないわけですよね。


そう考えると、お母さんってすごくないですか?(笑)
こうやって、自分褒めしてるわたし(笑)(笑)


話に戻って、
私が実母になろうと思っていた!

まさか、そんなふうにおもうつもりはなかったんですけれど、
そのときはまだまだ未熟さだらけでしたから、
母は理想の女性だったんだと思います。

小さく可愛いのに、強くて、とっても愛情深い人。
料理や、裁縫、知識、知恵、人気、外見も人よりは可愛い

人への対応も素敵で、
人のことを悪く言った事はない。
人のよい所を探しなさい✨そうやって、悪い所は目につきやすいけれどよい所を見つけれたとき私も嬉しくなった。


悪いものは悪い!
よいことはめっちゃよいこと!って褒めてくれた。

私たちを守るために、

違うかも?ってとき、相手が不快にならないように、
辛口も悪く聞こえないスマートさがあったしね。そんな母かっこいい!って思ったのを覚えてる。

誉め殺しみたいですが本当に普通のおばちゃんなんですけど、
飾らないけど、パーフェクトに近い方だったと思う。

寛容でユーモアもあって、子どもながらに生き仏なんだなぁ~って。。✨


もっと、愚痴の一つくらい家族には言って良いのに!
信じてくれてよいのに!って

なんとなく、子どもながらに完璧な母に寂しくって。

母にいったら、いらぬ心配をわざわざ増やさなくても良いでしょ~なんて笑って飛ばされて。


母がいいなら、それで良いやぁ~って気になったし、大人になったときに気持ち聞いたとき、なんだか女性同士話せた事が嬉しかったりね。

お母さんが大好きな娘だったんだと思う。


そんな母になれ!っていっても、器量が違うのに頑張ったわけですよ~、

私が、子育て一人目は母みたいに頑張ったわけですよ。

もちろん疲れて嫌になるわけですよ。

母みたいに愚痴言わない人になりたいのになれないし、
自分て小さいな~みたいなね。


けど、
「人間らしくていいんじゃない」


それに二人目育てているときに気づき私らしい人間くさい親として、
できることも、できないことも、
大人でもあること、
かっこわるい所、努力している所、子供みたいに女性特有の日には、
疲れたらイライラしたりね。

人にはあまり見せれる姿じゃないのかもだけれど、
自然な一人の人間の私を見せていると思う。

まっ!
これはわたし流の育てかたなのでみなさんがやったらうまくいくかは?

想像して見てくださいね^_−☆


今日はなんとなくこんなことを書いてみたくなったので(^ω^)

書いてはため、ためては書きの繰り返し。。

人生も同じ。


動いたままは辛いから休む、休んだら動く。


この場も私にとっては、自分を表現する場。
書いてはため、ためては書き、アップしたくなったら、アップし
自分へのメッセージ&必要とするかもしれないあなたへのメッセージとしてね^_−☆

今日も明日も明後日も、自分が動くと世界が変わる。
それも一つのいつもと違う行動から。。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

mailform
最新記事
カテゴリ
houmonsya
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2プロフ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。