FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音で身体で沢山のありがとう!!

10月31日北海道の祖母が105歳という大往生の人生を終えた。
37人の孫、ひ孫という命をつなげた。


去年の冬から何度か覚悟し、帰省しては後悔しないように関わり言葉を交わしてきた分、
悲しみはそこまではないが存在がないことを寂しく思う。
それでも、私の中に祖母は存在しつづける。

沢山の家族に最後まで見送られ幸せだったはず。
医療現場でも家族が全くこないかたも多く、自宅にいたくてもいれないかたの方が今は多い。
そんな中、祖母はみんなに愛され、みんなが会いにきてくれたり
今までの人生を物語っているようだった。

いつもは働き者で、地平線まで届きそうな長い長い畑を管理し、文句もなく強く厳しく、愛情深い人だったけれど
賑やかなことは大好きだった。
家族会では毎回、何世代かで芸をしてはみんなを喜ばせた。


それは母に。。母からわたしにも受け継がれ、そして子供たちにも。。


不思議なことに、なくなる2日前に三番が祖母を思い出し電話する!と連絡をしてくれた。
その日姉たちも、祖母に子供たちと会いに行き、母も気にかけながらすごしていた。

そして、次の朝苦しむこともなく
fc2blog_201504280307085ad.jpg


祖母がなくなった日、
私の家では、お義母さんが赤い百合の花をもってきてくれ、その直後の北海道からの連絡と、
新潟で不思議な縁から家族のように仲良くしている友がいて、
その子が高尾山にいってもらってきた塩を丁度もってきてくれていた。
不思議と祖母をみんなで見送る準備が揃った。
私も祖母を思い出す香りを用意した。
fc2blog_20150428031939528.jpg


すぐに北海道に帰ることは、日常という現実的には厳しいものがあり。
自宅で祖母を想いながら、夜に子供達と部屋にロウソクを灯し、音で祖母にむけ祈った。
fc2blog_201504280307004e9.jpg


ありがとう✨を沢山こめて。


祖母が逝った次の日、長岡でLIVE。
fc2blog_20150428031941c96.jpg


koTA YUTA UriitaのLIVEにゲストとして所属するアフリズムセッションがよばれていた。
fc2blog_20150428030711676.jpg
気持ちが高まらずに変な気持ちではあったが音に触れたかった。


賑やかな祖母を見送るつもりで会場のかたと盛り上がりたかった。

メンバーにはちがうノリで、申し訳なかったけれど楽しませてもらった(笑)


太鼓のリズムは祝いのときだけではなく、農耕の際、子供の成長を喜ぶとき、結婚のとき、
亡くなったかたを見送るリズムなど様々なときに使われます。


言葉でありがとう✨
それ以上のありがとうを全身で表現したかった。

ばあちゃん、ありがとう~✨✨

また会おう!!!

私は変わらず、こんな感じでやっとる。

悲しんでいたって、寂しくいたってばあちゃんは喜ばんもん。
不謹慎かもしれないけれど、今を思いっきり楽しんで生きとるよ~\(^o^)/


悲しんでても変わらんだろ、女はそんなに弱くない、なんとかするんだよ。
前に進みなさい。
お前の人生はこれからや!


そんな風にいつも、強さと優しさをわたしに与えつづけてくれていた小さな小さな身体で頑張っている祖母の姿。
忘れないよ。
fc2blog_201504280307053f6.jpg


今回実家にはいけないけれど、
それも理解し私の分も祈ってくれる家族達に感謝します✨

遠くにいても、相手を想い祈ること、想いを伝えることもできると私は信じてるから。。。

ありがとう✨
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

mailform
最新記事
カテゴリ
houmonsya
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2プロフ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。